ビーガンですけど、何か?

hanahana14.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

UFOと光、やさしさに包まれる

c0140561_213983.jpg

今日の夕暮れは、
とても穏やかで、強い光を放っていた。

目を細めてしまうくらい、眩しかった。


幼なじみと、不思議な食事をして、
たわいもない話でケラケラ笑う。

時間が足りないくらい、話が途切れない。

別れた後、
「だんだん元気になってきたから、
          よかった。またね。」

そんなメールが嬉しかったよ。
何も聞かず、付き合ってくれてありがとう。

元気もらったよ。

c0140561_2275796.jpg

昨日久しぶりに行った、明治神宮。

ここに来ると、必ず流れる曲。


小さい頃は神様がいて
不思議に夢を叶えてくれた
優しい気持ちで目覚めた朝は
大人になっても奇跡はおこるよ

カーテンを開いて 静かな木漏れ日の
やさしさに包まれたなら きっと
目に映る全てのことはメッセージ

            by松任谷由実


さ。
本日6月最終日。
大祓。

この1ヶ月、無事に過ごせたことに感謝します。

ありがとう。

さようなら。
[PR]
by hanahana-flower | 2013-06-30 02:45 | 日々のこと

*おはな*さんの活動だよ。

Vege Navigator*おはな*さんの活動については、
アメブロに書くことにしました。

どうぞよろしくお願いします。


「自然の摂理にそった生き方の提案」
を、コンセプトに。

ベジタリアン、マクロビオティックのお料理をお伝えしています。
お料理教室、お客様の自宅キッチンでのマンツーマンレッスンの開催や、
ケータリング、出張料理などでベジタリアン食の美味しさと楽しさをお届けします。

飲食店へのベジメニュー導入サポートやコンサルティングなどもお受けします。
[PR]
by hanahana-flower | 2013-06-27 01:21 | 日々のこと

そして、なんにもなくなった。

あっと、いう間。
でもないな。

2013年6月は、とても慌ただしかった。
毎日が新しいの始まり、
自分を問いて、どう生きて行くのか。
そんなことばかり考えていた。

ふっと。
台風の目に入ったように、ぽかりと何もない1日。
今までにないくらいに、ホントに何もない(笑)
どれだけ、追われてたんだ?
時間を持て余すなんて、贅沢な時間を過ごしている。


数日前はスーパームーン。
満月は手放すには最高のタイミング。

自分で意図していなくても、
宇宙は、絶妙のタイミングで、背中を押してくれる。

行き場のなく、どこにも出せないでいた、
感情を手放す時がやってきた。

いや、既に手放して、終わっていたと思っていたけれど、
そうでもなかった自分に気づく。
そして、どうも厄介だ。


人生は、選択の連続で、
私がしてきた、選択の結果が「今」

間違っているとは思わない。
あっているとも思わない。

ただ、選んだんだ。

頭ではわかっていても、心がどうも悲しんでる。


ココ数ヶ月、大事な大きなことばかり手放してきた。
手放して、手放して、手放すことばかり。

どんどん、大事に抱えていたものがなくなっていく。


ホントに、
なーんにも、なくなっちゃったな。



花は美しく咲くけれど、
役目が終わったら、朽ちて土に帰る。

造っては、壊し、
また創造する。

人生は、その連続。


だから、
また、何かが始まる。


それまで、少しこの感情と付き合おう。

蓋をせずに、ちゃんと向き合おう。

何度乗り越えても、
悲しみの量は減らないんだね。


また、新しい扉が開く。
空いたスペースに、たくさんのことが入ってくる。

何もないということは、
何でもできる。
どこへでも行けるってことだよね。


hanae.
[PR]
by hanahana-flower | 2013-06-25 21:47 | 日々のこと

ありがとう

AINSOPH.のシェフ山ちゃんが、
三軒茶屋で「Veggie Monday by Veggies now
6月の月曜日だけヴィーガンカフェをやるというので、行ってきました。

という、記事だったはずが、、



やられました。
完全に騙されましたのサプライズ。

なんと、なんと。
私のおつかれさま会をやってくれました。

大好きな人達がたくさん来る来る〜
そして、山ちゃんのビーガン料理は最高です。

こうゆう時間が大好きです。
友達と、美味しいベジご飯とお酒(笑)

わいわい、話して、笑って。
幸せな時間でした。


ありがとう。
本当にありがとう。

c0140561_21341017.jpg

c0140561_21382324.jpg
c0140561_21372291.jpg

[PR]
by hanahana-flower | 2013-06-19 21:43 | 日々のこと

自然の摂理、調和すること。

実家に帰って来てから、私がキッチンにいる事も増えて来たからか、
母とよく、話をしてます。

私が作ったお蕎麦をすすりながら、
今は何でも手軽に手に入るし、安くて怖いね。
なんて、話から、

65歳の母が語る、幼い頃の暮らしの話を聞いてた。

週に2回、千葉から朝取った「あさり」を売りにくるおばさんがいて、
むき身にして。というと、その場で殻をむいてくれた。
それをてんぷらにしたり、煮たり。
これくらいしかタンパク源はなかった。

お刺身なんて食べる事は、なかった。

近所のおじさんが、築地に行って。
魚を1本買ってくる。
それを近所のみんなで分けて、たまに食べるくらい。

お隣がお店だったから、麦わらに卵が積まれて売ってる。
高価で買えなかったけど、たまに古くなったからってお裾分けをしてもらう。
その1個を家族で大事に食べた。

お肉は滅多にどころでなく、手に入らない。

向かいの農家のおじさんから野菜を買う。
農薬は使っていたかもしれないけど、
土は豊かで、来年のために種をとって、循環して作物を作っていた。
八百屋なんてなかったし、その時に取れる野菜しか食べられなかった。

牛乳もない。

アレルギーや、障害をもつ人は少なかった。
花粉症もなかった。

その時にあるものを、食べるしかなかったそんな時代。
それでも、裕福だったと言う。

たかだか、60年前はこんな暮らしだった。

母が私を産んだ頃、40年前。
紙おむつが流行り出して、合成洗剤が流行り出して、
不自然に思って、調べて、勉強して、
食事や身の回りのものを、気をつけて育ててくれた。
おかげで、だいぶ化学的なものは食べずに育ったようです。

大人になって、自分で選べるようになってから、
私の食べ方もだいぶ変わって。
コンビニ、お酒、超肉食、ラーメン大好きの食生活。
おかげで、身体が訴える不調は、すごいものだった。

それが、今や180度変わって、
ベジタリアン、ビーガンにまで変わった。
体調は20代よりも、健康。

何事も、経験して、体感しないと、
わからないものですね。

で、いろいろ話して、行き着いた先は、

「自然の摂理に沿ったことが、一番。
不自然な事は、不自然な結果が生まれるのよ」

という、母の言葉。


母の天気予報は良く当たる(笑)
予報では降らないって言ってるけど、傘持ってった方がいいわよ。
晴れていて、雨の気配すら感じない日でも。

この言葉に、何度と助けら得れた事がある。

無意識に自然を観じて生活してるんだな、この人は。



「自然の摂理に沿った、生き方の提案」


こう、私のコンセプトを決めた所だったので、
確実に、母のDNAは私に引継がれているようです。


さぁ。
どう、伝えて行きましょうか。



まだまだ、始まったばかりです。
[PR]
by hanahana-flower | 2013-06-15 14:53 | 日々のこと

無菌室からの脱却

私は「ヴィーガン」というライフスタイルを、
好きでやっている。

ヴィーガンとは?
食生活は、動物性食品を摂らない、菜食主義。

お肉、お魚、乳製品、卵、ハチミツに加え、
マクロビオティックの考えも持ってるから、
玄米を中心にして、白砂糖や、化学調味料なども気をつけてる。

身につけるもの。
これも動物由来の製品を使わないようにしてる。

革製品、ウール、シルク、真珠とか。

環境の事も配慮して日用品を選んでるから、
化学物質、合成石油製品とか、動物由来の成分が入ってないもの。


突き詰めると矛盾を感じることもあるけれど、
自分の負担にならないように、なるべく想いにそったものを選んでいる。


こう書くと、すごい制約の中で、暮らしてるように聞こえるけど、
意外とそうでもなくて、楽しいし、心地いい。


多分、
今までは。

働く場所は、アインソフでビーガンのレストラン。
作る食事も、賄いも、食材もベジタリアン、ヴィーガン。
使うものも、なるべく環境に配慮するものに変えて来たから、
身体に優しい環境。

東京のシェアハウスは、自分の食事だけ作れば良くて、
使うものも、自分チョイス。

友達も、ほとんどベジタリアン。
でなくても、良く理解して外食も付き合ってくれる。
東京は、ベジタリアンのレストラン、カフェがやっぱり多い。

こんなベジ無菌室の中で、
世の中から、完全隔離の生活をしてたんだなぁ(笑)


横浜に、
実家に帰って来て、
家族は、量は少ないもののお肉も、お魚も食べる。
その食器を洗うし、テレビは見るし、
わかってくれているようで、なかなか親は難しい。


新しいバイト先も、ビーガンメニューはあるけれど、
お肉も、お魚も扱うお店。
果たして、私はどう感じるのだろうか?
明日が初日。楽しみだな。

これから、関わろうとする人、場所。
きっと、「ベジタリアン」という人種が物珍しいと感じる方々ばかりだろう。

どう、生活してるのか、何を食べてるのか。
未知の世界に感じる方々ばかり、だろう。

そこに、私は何を発信し、
何を伝えて行くのだろう。


社会に対して、
何をアプローチして行くのだろう。


ベジ村から、出稼ぎに出てきた(笑)

世間の荒波。
とも、思わないけど、

Vege Navigator*おはな*
として、活動して行く原点。
コンセプト。

私の原動力を、忘れないように。

ひとつひとつの活動に心を込めて。
わくわくから、始めていきましょう。


はなえ
[PR]
by hanahana-flower | 2013-06-10 21:31 | 日々のこと

フルーツが食べたい季節になってきたな。

無農薬のオレンジをもらったので、
皮を天日干しに。

c0140561_12334844.jpg


てん菜糖に漬けこんで、
ケーキでも焼こうかな。

オリーブ油にも漬けてみました。
サラダにかけたら、美味しいかもな。

楽しみに、
じっくり待つことにします。


朝は、このところスムージー
c0140561_12373487.jpg

c0140561_12381212.jpg

セロリの葉に、キウイとラズベリー。

少し甘酸っぱい1日の始まりとなりました。

今日も、いい日。
[PR]
by hanahana-flower | 2013-06-10 12:42 | 日々のこと

短い冬眠のような、何もしない時間も終わろうとしている。

そろそろ、動き出そうかな。


5月が終わって、すぐの引っ越しで、慌ただしかった6月のスタート。
そうしながらも、
「ちゃんと休む」ということをしてみたり。

その合間に、今後の事や、新しく始まるであろうコトを考えたり。

片付けながら、いらないものはほとんど処分。
引っ越し前の部屋でも、4袋くらい処分したけど。

帰ってきてからも、4〜5袋くらいは処分した。
つられて、母もしまい込んでいた不要物を処分して。
だいぶ、すっきりしてきた。

お気に入りのものだけ、あればいい。
「今」必要でないものは、この先もあまり必要としない。
「いつか使う」は、いつまでも訪れない。
好きなものに囲まれて、暮らせたらいいのだ。


頭の中も棚卸し。

これから始まる、
私の、造る、創造していく世界。


何をやるのか。
何でやるのか。
何を伝えるのか。
何を発信するのか。

なんで。
なんで。

と、
深く深く掘り下げて行く。

そういえば、この間。
あまり、先の事まで考えてないね。って言われたんだっけ。

ホントその通りで。
5年先の事までは、明確にイメージ出来るんだけど。
90歳になった時の事までは考えた事なかった(笑)

毎年、毎月、毎日、どんどん変化して行く環境の中で、
そんな先の事まで、考えようなんて思いもしなかったんだよね。


90歳になっても、台所でお料理してると思う。
おむすび結んで。
おじいさんと、縁側でお茶飲みながら食べるんだ。
庭には、お花がたくさん咲いていて。
蝶が舞う。
鳥がさえずる。

60年くらい、ビーガンだからね。
大きい病気もせず、のんびり暮らしてるよ。
毎日、人が会いに来たり、
お野菜持って来てくれたり。
楽しい毎日。

梅干し作ったり、お味噌作ったり。
私のおばあちゃんが、そうしてくれたように。

自然の摂理に法った生活。
生き方。
在り方。

世の中では、ベジタリアンはメジャーな食の選択のひとつ。
珍しい事ではない世界が広がっている。

現代社会において抱えている問題は、解消されつつある。


そっか。

若いとき、あの時。
頑張って良かったですね。って、
お茶をすすりながら、おじいさんと微笑み合う。

お散歩でも、行きますか。
とおじいさんに誘われて、
手をつなぎながら、その世の中を眺めている。

その、あの時は。
「今」
なんだろうね。


まだ、なんとなくぼやけている青写真。

この未来にたどり着くまで、
あと、50年。

50年もあったら、何でも出来るな(笑)


さ、
そこに向かって、ぼちぼち歩き始めてみましょうか。


今日は、新月。

お願い事をするには最適の日です。


今回の双子座の新月は、パワーが強いんだそうです。

どうか神様。
この願いを現実とするために、
私をお使いください。

私のミッションを果たさせてください。





また、慌ただしい日々が始まりそうです。
優雅に1ヶ月のバカンスをするのは、
もう少し先の話。。

かな。
[PR]
by hanahana-flower | 2013-06-10 03:23 | 日々のこと

AINSOPH. 卒業☆

c0140561_20193043.jpg

2013年5月31日

2年8ヶ月お世話になったAINSOPH.
みなさまに見送られて、卒業しましたー。

抱えきれない程の、花束や、プレゼントを、
ありがとうございました。


最後の最後まで、キッチンに立てていられたこと。
感謝です。


AINSOPH.があったから、今の私があります。

心からの感謝と、愛を込めて。
ありがとう。


hanae*
[PR]
by hanahana-flower | 2013-06-07 20:30 | AIN SOPH.