ビーガンですけど、何か?

hanahana14.exblog.jp
ブログトップ

選ぶ基準

食品の買い物は自然食品店に行く事が多くて、スーパーにはめっきり行かなくなりました。

実家に両親と住んでいるので、食事は母が用意してくれてる事も行かない理由なのですが。
食品業界のいろんなニュースが飛び交う中、最近のスーパーってどうなってるんだろうと興味がわいて、地元のスーパーを偵察してみました。


・・・あんまり変わりませんね。


野菜の産地が明確に書かれていたり、国産が少し多いくらいで大きな変化はなかったです。
無農薬コーナーとか出来ちゃってたり!って期待もむなしく。

お米や調味料、大豆製品、乾物、飲み物類、お菓子コーナーを一通り物色。

オーガニックのものも多少置いてありましたが、無添加って書いてあっても裏側の表示はカタカナのものがたくさん。

私は成分がどうとか、これが入っているとこうとか専門的なことはわかりません。

でも、シンプルでいいと思うのです。


食べ物は腐るものです。


昔からある知恵で保存しているものは別として、化学物質・添加物・保存料で長期保存がきくもの。
形がキレイにそろっていて、ピカピカで外国からやってきたお野菜。
密封されて何ヶ月たっても食べられる、たまごや乳製品の入ったお菓子。

不自然に見えてしまうのは私だけでしょうか?


私もわかっていても食べますし、全部を避けることは難しいと思っています。
でも、なるべく避けていくことで余計なトラブルが防げたらいいですよね。

食べたもので身体は出来ています。
この細胞は次の世代へと受け継がれていきます。

何を基準に選ぶか。
物があふれる時代だからこそ「知識」が必要なんじゃないかと思うのです。
[PR]
by hanahana-flower | 2008-04-04 22:47 | マクロビオティック