ビーガンですけど、何か?

hanahana14.exblog.jp
ブログトップ

減らしたい粉ものたち

最近私が食べ過ぎているもの。パンやクッキー、マフィン、ケーキ、おせんべい。
だっておいしいんだもの!

でも、食べ過ぎて身体が不調を訴えているのがわかります。

小麦粉や米粉などの粉から出来ているもの。
なぜ控えたほうがいいのでしょうか?

これらのものって食べ終わると口の中にくっついてもっさり残りませんか?
これと同じことが腸の中でおこります。

小腸の内側には「絨毛(じゅうもう」といって細かい毛のような組織がたくさんあります。
そこに食べた粉たちがまとわりついてドロドロ・・・ねっとり・・・。

消化吸収がうまくいかなくて代謝が落ちたり、血液やリンパが滞ったり体にかかる負担が大きいのです。


粉のものは陰陽どちらでしょうか?

小麦粉などの粉自体は細かくしているので陰性ですが、作っていく過程でオーブンなどの高熱でギューっと焼き固める力が強いので陽性とされています。
リラックスしたくて食べるのに、次第にギューっと肩に力が入っちゃうのかもしれませんね。

もちろん全粒粉でノンシュガー、卵、乳製品の使っていないもの、質のいいものが大前提ですが、それでもエネルギーが強すぎてしまうのです。


わかっていても食べたい!ですよね(笑)

食べてはいけないわけではありません。食べ過ぎるとよくないですよ。ってことです。

毎日粉ものが食べたくなる時は血糖値が下がって、すぐにエネルギーに変わるものを欲しているのかもしれません。

そんな時は、玄米などの穀物や甘いお野菜にしてみてはどうですか?
デザートとして食べたかったら、蒸しケーキやベーグル、お餅、お団子などの蒸したりゆでたりしたものをチョイスしてみてはどうでしょうか?
全粒粉のパンを蒸して食べるのもおいしいです。


私は粉もの大好き♪
手軽でおいしいからついつい・・・。気がつくと毎日食べていました。
そのせいでか、お腹が重いし唇も荒れています。
身体が陰性に傾いているのかもしれません。ちょっと危険信号です。

ちょっと反省・・・。
[PR]
by hanahana-flower | 2008-02-10 17:22 | マクロビオティック