ビーガンですけど、何か?

hanahana14.exblog.jp
ブログトップ

以前の食生活

昔から、食事で人は健康になれるし、性格も変わるし、ちょっとした病気なら治せる。
何の根拠もなく、そう思っていました。

むかーし昔 若かりし頃、ひどい便秘だった頃にサプリメントに出会ったんです。
しばらく飲んだら、改善されて!
おまけに、肌もきれいになって調子よくなりました。

で、お決まりの現代の野菜では栄養が取りきれない云々・・・。って言葉にハマリ(笑)
そこから栄養のことを勉強したりして。(独学ですけどね)
「こんな症状の時はこのビタミン○○がたりない」とかとか
「こんなものを食べたらいい」とかとか

しかしその頃の食生活というと、週に2回はラーメン、焼肉、外食大好き♪
ジャンクフード、スイーツ大好き♪
お酒、タバコ、コーヒーetc・・・。

今考えると、こわい食生活だったなー。と思います。
当然、いつも身体が重くてだるくて、むくんで、疲れていました。
頭痛もちで、かぜをひきやすい。
とても健康とはいえない状態です。

ありがたいことに、
「ちゃんとご飯食べなさい。お野菜食べないとダメよ」
って、言ってくれてた人がいたんですね。

そのおかげでか、献立はお肉やお魚は1品にして、お野菜と一緒に食べられるようにと。
考えて作るようになっていました。
でも、美味しければそれでよかったんです。

残念ながら食事で何かの症状が飛びぬけて改善されたことはありませんでした。
そして「体にいい」と聞くと取り入れて、長続きしない・・・。
毎日、美味しいものをお腹いっぱい食べて。
気をつけて食事をしていたつもりでも、ちょっとした知識がないばっかりに体調を崩していた。

そして、そんな意識もだんだん薄れて・・・。
普通に何でも美味しく食べる人でした。

ベジタリアンになったり、何かを制限するなんてとてもムリムリって思っていました。
っていうか、その頃はそんな人がいるって思いもしなかったんだな(笑)


それでも変わるから不思議ですよね。
[PR]
by hanahana-flower | 2007-11-01 17:18 | マクロビオティック