ビーガンですけど、何か?

hanahana14.exblog.jp
ブログトップ

自然の摂理、調和すること。

実家に帰って来てから、私がキッチンにいる事も増えて来たからか、
母とよく、話をしてます。

私が作ったお蕎麦をすすりながら、
今は何でも手軽に手に入るし、安くて怖いね。
なんて、話から、

65歳の母が語る、幼い頃の暮らしの話を聞いてた。

週に2回、千葉から朝取った「あさり」を売りにくるおばさんがいて、
むき身にして。というと、その場で殻をむいてくれた。
それをてんぷらにしたり、煮たり。
これくらいしかタンパク源はなかった。

お刺身なんて食べる事は、なかった。

近所のおじさんが、築地に行って。
魚を1本買ってくる。
それを近所のみんなで分けて、たまに食べるくらい。

お隣がお店だったから、麦わらに卵が積まれて売ってる。
高価で買えなかったけど、たまに古くなったからってお裾分けをしてもらう。
その1個を家族で大事に食べた。

お肉は滅多にどころでなく、手に入らない。

向かいの農家のおじさんから野菜を買う。
農薬は使っていたかもしれないけど、
土は豊かで、来年のために種をとって、循環して作物を作っていた。
八百屋なんてなかったし、その時に取れる野菜しか食べられなかった。

牛乳もない。

アレルギーや、障害をもつ人は少なかった。
花粉症もなかった。

その時にあるものを、食べるしかなかったそんな時代。
それでも、裕福だったと言う。

たかだか、60年前はこんな暮らしだった。

母が私を産んだ頃、40年前。
紙おむつが流行り出して、合成洗剤が流行り出して、
不自然に思って、調べて、勉強して、
食事や身の回りのものを、気をつけて育ててくれた。
おかげで、だいぶ化学的なものは食べずに育ったようです。

大人になって、自分で選べるようになってから、
私の食べ方もだいぶ変わって。
コンビニ、お酒、超肉食、ラーメン大好きの食生活。
おかげで、身体が訴える不調は、すごいものだった。

それが、今や180度変わって、
ベジタリアン、ビーガンにまで変わった。
体調は20代よりも、健康。

何事も、経験して、体感しないと、
わからないものですね。

で、いろいろ話して、行き着いた先は、

「自然の摂理に沿ったことが、一番。
不自然な事は、不自然な結果が生まれるのよ」

という、母の言葉。


母の天気予報は良く当たる(笑)
予報では降らないって言ってるけど、傘持ってった方がいいわよ。
晴れていて、雨の気配すら感じない日でも。

この言葉に、何度と助けら得れた事がある。

無意識に自然を観じて生活してるんだな、この人は。



「自然の摂理に沿った、生き方の提案」


こう、私のコンセプトを決めた所だったので、
確実に、母のDNAは私に引継がれているようです。


さぁ。
どう、伝えて行きましょうか。



まだまだ、始まったばかりです。
[PR]
by hanahana-flower | 2013-06-15 14:53 | 日々のこと