ビーガンですけど、何か?

hanahana14.exblog.jp
ブログトップ

マクロビオティックとは?

いったい何なんだろう。と、いつも考えます。

このブログを始めるとき、タイトルを何にしようか考えていて。

私 と マクロビオティック
私 から発信する マクロビオティック

私なりの、私にとってのマクロビオティックを書き込んでいこう。
マクロビオティックと向き合っていこう。
そう思って始めたのを思い出しました。


この間消してしまった記事。

たぶん、最終的に言いたかったのは、


何を食べてもいいし、陰陽なんてわからなくても大丈夫。


そんなコトのような気がしました。
(何か無責任・・・かな?)



私も自分が陰性体質なのか、陽性体質なのか、陰陽過多なのか、
わかりません。

日々食べているもので、どちらかに振れる。
バランスの取れた、中庸(真ん中)であることが好ましい。

これがマクロビオティックでの定義ですよね。

だけど、感情や環境、生活スタイル、産まれ持ってきた命、社会。
これらも混ざり合って常に変化するものだと私は思っています。

それを総合的に、平均的に見て、陰性、陽性、中庸に分類されるんじゃないでしょうか?


突然何かが食べたくなること。ありますよね。
きっとそれは身体からのサイン。

必要だからなのか。
依存からなのか。
お知らせなのか。


いつも甘いものが欲しい時。

緊張状態が続いていたり、ストレスがかかっていたりしていませんか?
リラックスしたいのかもしれませんね。

エネルギー不足で、脳が早急に糖質を欲しがっているのかもしれませんね。

排出の途中であったら「なくなってきたよ~。」って言っているのかもしれませんね。
何かを断っているときに、今まで身体に供給されていたものがなくなるので、
欲する事があるようです。

疲れていたり、弱っていたり、内臓からのお知らせかもしれませんね。


この他にも、人それぞれ、いろんなケースがあるんじゃないかと思うのです。


KMAで、どちらに偏っていても目指すところは中庸である。
と教えてもらいました。

っといっても、標準食には即効性はないのでお手当てをしてみたり。
その日のおかずを1品、どちらかに偏らせる事で微調整する。

1週間くらい続ければ、良い。とのことでした。


その間にもいろんな欲求が襲って来ると思いますが、それは満たしてあげればいい。
我慢すれば余計に食べたくなっちゃう!

(もちろん何かトラブルや病気を抱えている場合は厳格にする必要があると思います。)



常にお腹も心も、満足していることが、幸せで、楽しい♪
ストイックになりすぎないで下さいね。



自分のことを思い出してみました。


・甘いものがやめられなかったトキ。

朝起きて、キッチンへ行き、メープルシロップを舐めていました~。
たぶん・・・スプーンで2杯とか(汗)

ドライイチジク。ずーっと食べてました。

白いお砂糖のものはできるだけ避けましたが、ケーキも全然食べてました。
自分でも大丈夫?って心配になるくらい、、、。
でも、欲求が収まるまでひたすら食べました(マクロスイーツですよ)
きっと、「食べちゃった」って罪悪感から心が締まり過ぎちゃったこともあると思います。

今でも、もちろん甘いもの大好きですが、あの頃ほどの欲求はなくなりました。
コントロールできるようになるので、大丈夫です。

根本的な原因を探してあげる事も大切かもしれませんね。



・過食で困ったトキ。

とにかく、満足するまでたくさん食べました。
常にお菓子を持っていたし、玄米おにぎり持っていたり。
我慢できなくって、コンビニ行っちゃうこともしばしば。
「あれもダメ。これもダメ。」ってストイックだったんです、きっと^^;

でも、今は1日1食で満足できちゃいます。


満足して、制約して、その繰り返しだったような気がしています。

そうしている間に、欲しなくなる期間が、
1日から3日になり、1週間になり、1ヶ月になり、、、いつ食べたか忘れちゃうくらいになり。

ふと食べてみたときに、いらなくなってた。
そうやってゆっくり今の食生活になっています。もう3年くらいになるでしょうか。


たまーに食べると何か身体に変化、違和感を感じる。
続くと何か症状があらわれる。

それが陰性、陽性に偏ったって判断になるんじゃないかな?

ご自分の身体の声をキャッチしてあげたいですね。

望診が出来る方がいらっしゃったら、見てもらう。
食事指導を受けることも大切だと思います。
本やネットで調べることもできます。

だけど、少しくらい邪食をしてもびくともしない!って理想ですよね~♪
一度、ちゃんと身体を作ってしまえばそうなるようですよ。

道のりは長そうですね。
がんばりましょう。



マクロビオティックでは、食べていけないものは一つもありません。

たくさんの食材の中からチョイスするだけです。
ただ、今の世の中で好まれ、多く食されているものは負担が大きいだけのこと。

とてもシンプルです。
ですが、全てではありません。


日々の食事を楽しんで、おいしく、食べたいものを食べて。
気がついたらマクロビオティックだった。

そんな風に自然に楽しんでいけたらいいですね。



私にとってのマクロビオティックとは。

健康に楽しく、幸せに生活するための手段。
大好きなお料理の幅を広げてくれた、お料理法。
ステキなお友達が増えていくツール。
多くの人に知ってもらいたい、思いを伝えるコミュニケーションのひとつ。


かな?


・・・ちょっとカッコ良すぎますかね(笑)


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
[PR]
by hanahana-flower | 2009-01-22 02:05 | マクロビオティック